不妊症と冷え性

冷え性の人は子供が出来にくく妊娠しにくいと言われていますが、ここでは不妊に悩む女性のために冷え対策の方法を解説しています
冷えによる血行の悪さが卵巣と子宮の働きを悪くします
漢方で女性の健康の大敵といわれる冷えは、妊娠と出産へも大きな影響を及ぼします。体が冷えると血管か収縮し、血液の流れか悪くなります編》血行か悪体のすみずみに運ぶ役目か.充分くなると、血液は栄養や酸素に果たせず、子宮や卵巣にも行われているので卵子を育てる力が低下してしまいます。そして、さらに深刻な影響を受けるのか子宮。
血流が悪いと子宮内膜の質か悪く言受精卵を育てられる状態になりません。着床しにくくなったり、流産しやすくなることも考えられます。

冷えの悪影響は、西洋医学の検査結果には表れないような微妙な変化ですか語漢方では重視します。こどもができない人の冷えは.全身よりもむしろ骨盤内が冷えていることが多く自覚しにくく葦温めにくいのか問題です。

卵巣が冷えるとどうなるか
子宮は子宮内膜の質が悪くなる
子宮では、妊娠準備として、卵巣卵を受け止め、育てられるように、子宮内膜が厚くなります
充分に成長できないので、子宮内膜の質が低下します。理想的な子宮内膜がふかふかの羽根ぶとんとすれば、質の悪い子宮内膜は硬い段ボールのようなもの。

厚さは同じでも、受精卵を受け止めて育てる力が低下してしまうのです。着床しにくくなったり、流産しやすくなったりしてしまいます。

卵巣のパワーが落ちて卵子の質が低下
生理が終わったころから卵巣の中では、排卵日に向けて卵胞が育ちま魂妊娠にふさわしい卵胞が育つには、充分な栄養と酸素が必要ですもところが冷えで血行が悪くなると、栄養不足から理想的な卵胞がつくられません。その結果、排卵しても、うまく受精できなも河能性が出てきてしまいます。
こんな人は冷えで妊娠力が低下気味
基礎体温の低温期が36℃を下回る
基礎体温の低温期が36℃ギリギリか、それ以下の人は、体が冷えて血行が悪くなっています。とくに心配なのが、冷えの自覚はないのに体温が低い人。妊娠と関係の深い骨盤の中だけ冷えている可能性があります。

腰からおしりにかけてスースーと寒い
卵巣や子宮が冷えてくると、おなかや腰に寒けを感じやすくなります。自覚しやすいのは、おなかより脂肪がつきにくい背中側。腰とおしりの間がスースーと寒く感じられるような人は、骨盤内が冷えている可能性があります

太ももの内側が冷える
漢方では太ももの内側には、女性の生殖機能と関係の深いエネルギーの通り道があると考えられています。骨盤内が冷えている人は、太ももに冷えを感じやすく、とくに生理中に強くなります。

基礎体温の高温期が短い
生理が28日周期の場合、理想的な基礎体温では、高温期が14日間ほど続きます。でも、36.7℃を超える高温期が10日未満と短い人は、体温を上げる力が衰えて体温の低い状態が続いているということ。基礎体温全体が低体温になっている可能性が高いのです。

生理のときに温めるとラクになる
生理のときに温めるとラクになったり、冷えると痛みが強くなるのは、骨盤の中の血行が悪い証拠。冷えで卵巣や子宮の働きが低下しているため、痛みが強まるのです。

経血が黒っぽく、かたまりがある
冷えで血行が悪くなると、経血もスムーズに子宮から排出されなくなります。そうなると、古い血液が黒ずんだり、固まりやすくなります。経血が黒っぽかったり、大きなかたまりが混じ
る人は冷えている心配があります。